小児歯科

お子さんにやさしい治療をいたします。

小児歯科では、お子さんの虫歯予防につとめ、きれいな永久歯を正しい位置に生やすことを目標にしています。

将来にわたって健康な歯で過ごすには、永久歯が正しい位置に生えていることがとても重要になります。

乳歯の虫歯

乳歯は永久歯と比べると、小さくてやわらかいという特徴があります。

そのため、虫歯になりやすく、虫歯の進行も早いため、あっという間に大きな虫歯になってしまいます。

乳歯は数年後には永久歯に生えかわるため、虫歯になっても構わないと思っておられるお母さんがおられますが、 乳歯が虫歯になると永久歯の歯並びが悪くなったり、顎の発育に影響が出たりすることが考えられます。

お子さんの健康のために、初期のむし歯は放置せずに、早めに歯科医院で治療を受けてくださいね。

虫歯予防のポイント
シュガーコントロールをしましょう

シュガーコントロールとは、糖分の摂取をコントロールすることです。糖分の摂取を工夫することで、プラーク内の虫歯菌がお口の中で増えるのを防ぎます。

糖質の中でも砂糖からはムタンというプラークの材料が作り出されますので、他の糖質よりも虫歯になりやすいとされています。虫歯を作りにくい甘味料として、キシリトールなどを上手に使って、シュガーコントロールをしましょう。

プラークコントロール(虫歯菌を減らす)

虫歯菌を減らすためには、ていねいに歯みがきをするのが一般的な方法です。

正しいブラッシング方法で歯垢(プラーク)を取り除きます。食前食後は出来るだけ歯をみがきましょう。

寝ている間は唾液の流れが弱いため、飲食したあと歯をみがかずに眠ってしまうと、虫歯菌が繁殖します。寝る前には必ず歯をみがきましょう。

歯みがきの習慣をつけるだけでも、お子さんの虫歯菌をかなり減らすことができます。

フッ素の塗布

フッ素が歯に取り込まれると、エナメル質の成分が虫歯菌の出す酸に強い結晶構造に作り替えられます。それによって歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます。

更に歯の再石灰化を促進しますので、初期の虫歯になってエナメル質が溶けてしまった部分を補修します。

お気軽にご相談ください
Call:0788629077

受付時間:月〜土 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!