入れ歯(義歯)
金具を使わない入れ歯−スマートデンチャー−

当院では金具を使わない入れ歯「スマートデンチャー」を取り扱っております。(※スマートデンチャーは保険適用外の治療です。

スマートデンチャーとは、留め金(バネ)がなく全体が歯茎色のプラスチックで出来ている入れ歯(ノンクラスプデンチャー)です。

従来の金具を使わない入れ歯よりも強度・適合精度に優れています。従来の入れ歯に満足の出来ない方にもお奨めです。

スマートデンチャーは金属製の留め金がなく、全体的に透明感があり歯ぐきとなじみます。審美性が高く自然で見た目を気にすることなく笑えます。

スマートデンチャーは留め金はありませんが、骨格部分に金属を使用しているため、高精度で強度が高い入れ歯です。保険の入れ歯では使用する素材がレジンというプラスチックで、精度を高めることが難しく、強度も劣ります。

これまで保険の入れ歯で違和感が大きかった方、インプラントにしたいけれど難しい方、入れ歯に抵抗のあった若い世代の方などに選ばれています。

見栄えがいい

  • 金属の留め金を使っていないので見た目が気にならない
  • 透明感があって自然な見た目
  • 歯ぐきの根が露出して変色していてもカバーできる

違和感が少ない

  • 薄いため入れ歯を口に入れたときに違和感が少ない
  • 金属のフレームを使用しているので精度が高い

快適

  • 吸水性が低いため唾液を吸収しにくく、口臭が起こりにくい
  • 柔らかくて弾力があり、フィット感がある
スマートデンチャーの特徴
  • 金属のバネが無く薄いため違和感が少なく、フィット感は良好です。見た目が優れており、入れ歯と気付かれにくいです。口元を気にせず、安心して笑えます。
  • 厚生労働省に認可された安心・安全な材料です。環境ホルモンを含まないので生態親和性が高いです。アレルギーでお困りの方にも適しています。
  • 唾液を吸収しにくいので口臭の心配も少なく、優れた透明度があり、汚れにくいです。洗浄剤も選らばずクリーニングできます。
  • 丈夫な材料を使っています。薄くて軽く、曲がりにくく、壊れにくいです。更にグラつかないようしっかり支持させる場合には金属床との併用が可能です。
入れ歯(義歯)の種類
スマートデンチャー(自費診療)

金属のバネの代わりにピンク色の樹脂のバネを使っています。薄いため違和感が少なく、フィット感は良好です。

見た目が優れており、入れ歯と気付かれにくいです。唾液を吸収しにくいので口臭の心配も少なく、汚れにくく、洗浄剤も選びません。

詳しくはこちらのご説明をご覧ください


スマートデンチャー(金属床付き)(自費診療)

上記のスマートデンチャーに金属床を併用することにより、咬む力を強くしています。

コバルト床(自費診療)

義歯床の素材はコバルトクロムという金属です。

レジンよりも薄く、熱を感じやすいので食事もおいしくなります。

チタン床(自費診療)

義歯床の素材はチタンです。

チタンはアレルギーを起こしにくい金属で、腐食もしません。

薄くて、非常に軽いので金属床の中でも最も違和感の少ないのがチタン床です。

磁性アタッチメント(自費診療)

磁石を使って入れ歯を安定させます。

歯根に磁性金属を取り付けて、入れ歯には超小型磁石を埋め込みます。

レジン床(保険適用)

義歯床の素材はレジン(プラスチック)です。

ある程度の厚みが必要なためお口にフィットしにくく、たわむ、熱を伝えにくい、噛む力が出にくいなどの点でストレスを感じる方もおられます。

入れ歯はきちんとメンテナンスをして使いましょう

入れ歯には多くの種類があり、歯の抜けた部分を補うために残っている歯に留め金をかけて使う「部分入れ歯」と、歯が全く無い時に全ての歯をカバーする「総入れ歯」があります。

また、部分入れ歯と総入れ歯にも様々な種類があります。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯イラスト

部分入れ歯

部分入れ歯は、入れ歯を安定させるために他の健康な歯に金具をのばしてバネ(金属)を掛ける形状になっています。

金属を引っ掛けるため、違和感が出ることが多く、見た目も良くありません。

またバネを掛けられた歯は大きな負担となるため、不安定で外れやすくなります。そのため、定期的に調整が必要です。

入れ歯は着脱式なので、食事の後は外して洗浄する必要があります。汚れたままの入れ歯を使用していると、歯肉炎の原因になりますので、必ず毎食後きれいに洗浄しましょう。


総入れ歯イラスト

総入れ歯

歯が1本も残っていない場合に、全ての歯を入れ歯にしたものを総入れ歯(総義歯)といいます。

健康保険適応の総入れ歯は材料やデザインに制限があり、基本的に材質がプラスチックのため分厚くなります。

保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。

初めて入れ歯(義歯)を入れる際の注意点

入れ歯に慣れる

初めて入れ歯を入れると違和感がありますが、10日くらい辛抱していただくとだんだん慣れてきます。入れ歯が合わない時は2〜3回ご来院いただき調整することで合うようになってきます。

食事について

初めは無理をせず固いものや大きいものは避けて、柔らかいものなど食べやすいものをゆっくり噛んでください。徐々に普通の食事に慣らしていき、固いものや大きいものをとるようにしていきます。

洗浄について

食事の後は外して丁寧に義歯専用のブラシや歯ブラシで洗浄します。義歯洗浄剤も併用し、入れ歯を清潔に保ちましょう。

就寝時

就寝時には入れ歯を外して洗い、乾燥を防止するために義歯洗浄液か水につけておきます。

定期健診

歯ぐきがやせたり、入れ歯がすり減ったり、義歯を支えている歯の状態が変わったりすると入れ歯が合わなくなりますので、半年に1度はご来院いただき健診を受けてください。

お気軽にご相談ください
Call:0788629077

受付時間:月〜土 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!