神戸一覧

口内炎が出来たとき

口内炎の多くは、自分で口の中を噛んでしまい、その部分が硬くなって痛むというものです。

舌の両側や両頬の内側にできやすく、殆どの場合2~3日ほどで治ってしまうのですが、治るまでは気になりますね。

舌で触ったりして余計に悪化させてしまうこともありますので、なるべく触らないようにそっとしておきましょう。

口の中にできた潰瘍や硬いしこり、ぶつぶつ、白い筋などを総称して「口腔粘膜疾患」と呼びますが、なかなか治らない場合は注意が必要です。

自然に治らなかったり次第に大きくなるようであれば、大学病院か総合病院の「歯科・口腔外科」を受診しましょう。

どこへ行けば良いのかわからない場合は、お近くの歯科医院で受診していただくと、口腔外科のある病院をご紹介することができます。

おかしいな、と思ったときは、早めの受診を心がけましょう。


忙しいときの歯みがき

毎食後に歯みがきをしたいけれど、勤務先や外出先などで、思い切り歯みがき出来ないときもありますよね。

今回は、時間がないときの歯みがきについて、「こういうやり方もありますよ」というのを書いてみたいと思います。

勤務先では昼休みに洗面所を独占するわけにもいきませんし、外出先で歯みがきの出来るキレイな洗面所を確保するのも一苦労です。

歯磨き粉を泡立てて、しっかりうがいで洗い流して、というのは、案外手間がかかりますし歯みがき専用のコップが用意できないために、十分に口の中を漱げない場合もあります。

そんなときにおススメなのが、水だけで歯磨きをする「素みがき」です。

歯みがきの目的は歯垢を落とすことですので、さっと済ませたいときには素みがきでササッと済ませ、それとは別に1日に1~2回はきちんと念入りに磨くようにしましょう。

外出先で歯磨きをする場合のプラスチック製の歯ブラシセットで、ケースがぱかっと二つに分かれ、その一方がコップになるものがあります。

コップがなくても上手にうがいが出来る方もおられますが、私はできないタイプなので、このケースを利用した簡易コップを使っています。とても便利です。

ドラッグストアで購入しましたので、ぜひ探してみてくださいね。


歯に良いおやつ悪いおやつ

おやつにも、歯に良いものと悪いものがあります。

歯に良いおやつの条件は、歯にくっついたりしないもの、酸を作れないもの、よく噛んで食べるもの等です。

例をあげると、アイスクリーム、ヨーグルトは口の中をサッと通っていきますので、歯にくっつくことがありません。
チーズやナッツは酸を作れませんし、するめいかや煮干し、フルーツはよく噛んで食べることが出来ます。

また、ドリンクにも歯に良いものと悪いものがあり、お茶、お水は虫歯の原因になりません。
逆に歯に悪いおやつは、こんなおやつです。

歯にくっつきやすいのは、キャラメルやヌガー、スナック菓子。
酸を作りやすいのは、チョコレートや砂糖入りのガムです。
口の中に長い時間とどまるキャンディも要注意です。
そして砂糖がたくさん入ったジュースや乳酸菌飲料も、ひんぱんに飲むことで虫歯の原因になります。

おやつのあとは、軽くうがいをしたり歯磨き粉を付けずに水だけで歯磨きすると、虫歯を防ぐことができます。