定期健診
愛情と技術

クローバー歯科ではエアフロープロフィエキシスマスターを導入しています

エアフローは一度の処置で
バイオフィルム、ステイン、早期歯石の除去
および歯面研磨を行うことが出来ます。

GBT(Guided Biofilm Therapy)は全く新しい歯周病の治療法・予防法

GBTとは

Guided Biofilm Therapy(GBT)は、エアフロー、ペリオフロー、ピエゾン 技術を用いた、プロフェッショナルによる歯面清掃のバイオフィルム除去ソリューションです。科学的エビデンスに基づいてEMSが提唱しています。

Guided Biofilm Therapyは、よりよい臨床結果を追求するために患者様個人の診査とリスクアセスメントに基づいた複数のプロトコールから成り立っています。侵襲性を抑え、より快適・安全かつ短時間で治療できるように設計されています。


GBTの8つのプロトコール

GBTは以下の8つのステップから成り立っており、口腔組織のダメージや出血を抑えて、より快適で安全な治療ができるように設計されています。

GBT(Guided Biofilm Therapy)プロトコールの8つのステップ

ステップ1 診査 
歯と歯肉の状態を審査します

健康な天然歯であるか、むし歯、歯肉炎、歯周炎になっていないか確認します。

インプラントの場合は、粘膜炎、周囲炎になっていないか確認します。

ステップ2 染出し 
バイオフィルムを染出して見えるようにします

バイオフィルムを染出して患者さんにも見ていただきます。

染出しの色をバイオフィルム除去の目安にします。

バイオフィルムが除去されると、歯石がはっきり見えるようになります。

ステップ3 情報提供 
予防の重要性についてのお話

染出されたバイオフィルムを見ながら、予防の重要性や口腔衛生に関するお話をさせていただきます。

ステップ4 歯肉縁上・縁下のエアフロー 
バイオフィルム、ステイン、早期歯石を除去

エアフローを使ってバイオフィルム、ステイン、早期歯石を天然歯、補綴物、インプラント周囲から除去します。統一された手順で行っていきます。

ステップ5 歯肉縁下のペリオフロー 
歯周ポケット内にあるバイオフィルムの除去

4-9oまでの歯周ポケット、9oまでのインプラント周囲溝からバイオフィルムを除去します。

ステップ6 スマートピエゾンとPSチップ 
残った歯石の除去

エアフロー使用後、歯肉縁上・縁下にまだ残っている歯石をスマートピエゾンとPSチップを用いて除去します。

ステップ7 指差し確認 
バイオフィルムが残っていないか確認します

歯石が除去されたか確認します。

むし歯がないか確認します。

フッ素を塗布して歯を保護します。

GBTによる治療前

齲蝕部位がステインや沈着物、石灰化した残留物によって隠れていて、専門家による歯面清掃を行う前には見えないことがあるかもしれません。


GBTによる治療後

ステップ7 指差し確認では、病変が視認しやすくなり、隣接面カリエスが簡単に検知できます。このシンプルなステップを行うことで、歯面清掃の品質向上が実現でき、口腔内の問題が見過ごされ、治療されないといった事態が防げます。


ステップ8 新たなリコール予約 
歯肉の健康 = 生活の向上

分析結果に応じてリコール頻度を決め、次回の予約をお取りします。

定期健診にきちんと来ていただければ、ほとんどの場合、エアフロー治療だけでバイオフィルムと早期歯石の除去には十分です。 定期的にクリーニングを受けていただくことは、長期的な健康の維持に繋がります。

専用パウダーについて

エアフローで使用する専用パウダーはエリスリトールという天然の糖アルコールで

☆ほぼ0カロリー
☆砂糖の70%の甘み
☆血糖値を上昇させない
☆ほぼ副作用がない

などが特徴です。

バイオフィルムを分散させ、虫歯や歯周病予防の効果があります。
クローバー歯科では、このエリスリトール含有パウダーで歯面清掃をしています。


エアフローパウダー+超微細ウォータースプレーの噴射により
しつこい色素沈着やプラークを素早く除去します。

クローバー歯科の定期健診
歯周病と虫歯の検査をします

歯周病・虫歯のチェック

新しい虫歯ができていないか、虫歯のできそうな歯はないか、歯周病の恐れはないか、歯周病は進行していないかなど、歯や歯肉の状態を確認します。

●異常のない場合
歯のクリーニング

歯のクリーニング

歯科衛生士が専用機器を使って歯をクリーニングします。

普段のブラッシングでは取れない歯の表面のバイオフィルムを除去します。当院では歯のクリーニングに力を入れており、患者さんお一人お一人に担当の歯科衛生士がつき丁寧にクリーニングいたします。

歯みがきチェック

ブラッシング指導

歯みがきチェックでは歯の磨き方をご説明し、うまくできていない箇所があれば指導します。

(ご希望により、フッ素塗布・着色取りもいたします。着色の程度により、定期健診内で取りきれない場合は、改めてご予約をいただくこともございます。)

初期や中期の歯周病や虫歯があった場合
歯周病や虫歯の治療

歯周病・虫歯の治療

歯周病や虫歯の箇所が見つかれば治療に入ります。定期的に健診を受けていると早期発見・早期治療が可能になります。

3ヶ月に1度来院していただきます
所要時間は40分程度です
費用は2000円〜2700円程度です
定期健診は将来の歯の健康に大きな関係があります

定期メンテナンスを受けていた人・歯みがき指導だけを受けていた人・症状のある時だけ受診した人の一生の歯の数を比べると圧倒的に定期的にメンテナンスを受けていた人の本数が多いという結果が出ています。

一生の歯の数

歯を良い状態で健康に保つには定期健診が重要です。毎日歯みがきをしていても知らず知らずのうちに歯の状態が悪くなってしまっていたという経験をお持ちの方も多いと思います。

定期的なメンテナンスには

・歯や口の状態を悪くする原因を除去する歯のクリーニングで「予防」

・もし歯周病や虫歯があっても初期段階で見つけることができる「早期発見・早期治療」

という歯の健康にとって重要な役割があります。

定期健診で健康維持!
定期健診であなたのお口の健康をサポートします!

定期健診を受けているとお口の健康を保てます!

予防歯科の基本が定期健診です。歯や歯ぐきの状態が悪くなる前に定期的な健診を受けることにより、口の中を健康に保てます。もし治療が必要になっても最小限の治療で済みます。

虫歯が出来ると削って治療しますが、一度削った歯はもとには戻りません。出来るだけ削らずに痛みの少ない治療を行うためには早期発見・早期治療がとても重要です。

歯のクリーニングでは歯周病や虫歯の原因となる歯垢・歯石(バイオフィルム)を取り除きます。毎日丁寧に歯みがきをしているつもりでも少しずつ汚れがたまり、細菌のすみかであるバイオフィルムがついてしまいます。このバイオフィルムは歯みがきでは落とすことができません。プロによる歯のクリーニングで落とすことが歯の健康につながります。

歯のクリーニングをすると歯もつるつるになって、口の中がすっきりします。「さっぱりして気分がリフレッシュする」とそれを楽しみにいらっしゃる患者さんも結構多いんですよ。歯磨きをしても口の中がなんだかすっきりしない、口臭が気になるという方もぜひ一度ご来院ください。

定期健診

歯のクリーニング

80才で20本の歯を目指す方には、ぜひ定期健診をお勧めします!
当院では、エアフローという器械を使った歯のクリーニングを行っております。

80歳以上で20本の歯

あなたの歯の健康は、歯のクリーニングホームケアを両立することで、維持することができます。
当医院では、あなたの歯を健康を保つためにあなたに合った予防プログラムを作り、クリーニングを行っています。上の図のようにクリーニングとホームケアをバランス良く行うことによって美しく健康な歯を保つことができます。


歯科衛生士による歯のクリーニング

毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。当院では歯科衛生士がこの部分のお掃除を徹底的に行います。

歯についた汚れを歯垢(しこう)といいます。専門的にはバイオフィルムと呼ばれ、細菌が歯の表面に形成したネバネバした膜のことです。

歯ブラシでは容易に取り除けないほど強力な粘着力をもっています。この中に虫歯や歯周病の原因の菌が住みつきます。これらは、毒性の高い悪玉病原菌です。

これら悪玉病原菌や、それが産生する毒素が、歯肉粘膜から血流に入り込み、血管内部で感染を起こしたり、血管壁にへばりつくことにより血栓を作ったりと、大変な悪さをしています。

歯のクリーニングをすることにより、このバイオフィルムを効果的に除去することができます。歯ブラシでとれない歯垢は3ヶ月経つとその毒性が上がるため、3ヶ月に1度行うと効果的です。

(ご希望により、フッ素塗布・着色取りもいたします。着色の程度により、定期健診内で取りきれない場合は、改めてご予約をいただくこともございます。)

プロによるクリーニングでしか清掃できない所

歯科衛生士によるクリーニングでしか清掃できない所PMTCでしか清掃できない所

(1)歯と歯の間 鏡を見ながら磨いても落ちない汚れ。そんなところもしっかりケア。

(2)歯と歯肉の境目 自分ではなかなか磨くことのできない歯と歯肉の境目をやさしくケア。。

クリーニングの効果

歯周病疾患の改善

歯ぐきの下の歯垢を除去し、歯肉炎の症状を改善する。

虫歯の予防

バイオフィルム(細菌の住みか)を破壊し、歯垢が再び付着することを防ぐ。

審美性の向上

着色を除去し、光沢のある歯の表面に回復させる。

歯質の強化

フッ素入りの研磨剤を使用したり、フッ素を塗ることで、歯の再石灰化を促進し、歯を強くする。

歯科衛生士による説明

バイオフィルムによる全身的な弊害

1.心筋梗塞

アメリカのバッファロー大学の調査では、歯周病にかかっている方が心筋梗塞を起こす確率は、歯周病にかかってない方の3倍高いという結果がでています。また、心筋梗塞を起こした患者さんの心臓には、その方の口の中にいる歯周病菌がいることを発見しました。

2.脳梗塞

口の中の病原菌は、歯周病を起こすと同時に、そこから血管内に入り込み、血流に乗って首のところまでくると、そこにいったんとどまり、さらに首から脳に侵入し、毛細血管内で血栓を作って脳梗塞を発症することが明らかになっています。

3.糖尿病

糖尿病の人は感染に弱いため、歯周病になりやすいと言われますが、逆に歯周病の人も糖尿病になりやすいし、糖尿病を悪化させやすいこともわかっています。なぜなら、歯周病菌の毒素にはインスリン拮抗作用があるからです。歯周病菌はインスリンの効果を失わせるため、血糖値は上がり、糖尿病は悪化してしまいます。

4.老化

無菌状態の哺乳類は、脳の完成までの期間の5倍生きるといわれています。人間の脳はおよそ25歳で完成しますから、本来の寿命は120〜130歳であると推定されます。現実の生活では無菌状態は無理ですが、一番影響を及ぼしてるのが、私たちの体内、とくに口の中の細菌です。(口の中の細菌は毒性が強いためです。)

私たちは外からの病気の感染には注意を払いますが、体内の細菌には無頓着です。まず、この考えを改めることが健康と若返りへの第一歩です。口の中を清潔にしておれば老化はある程度防ぐことができるのです。(もちろん老化には、他にも原因がいくつかあります。)

このように、歯のクリーニングをすることによって、全身の健康維持に大きく貢献することができます。また、舌のクリーニングも行ってください。舌にもバイオフィルムが形成されます。舌のクリーニングはご自分でできます。

Call:078-335-6930
当院の特徴
1.痛みに配慮した治療を心がけている

無痛治療

治療が痛いのでは、治療を受けたくなくなりますし、歯医者に行くのがいやになりますよね。

クローバー歯科では、安心して治療を受けて頂くために、痛みに配慮した治療を心がけています。

2.グループ全体で60名の歯科医師が在籍

チーム医療ができる

クローバー歯科クリニック神戸マルイ院にはドクターが4名在籍しており、大阪の分院のドクターも含めると60名になります。保存、補綴、歯周病、インプラント、矯正歯科、審美歯科等、全ドクターで連携をとりながら診療を進めることができます

3.常に新しい技術を習得している

最先端の技術を習得

歯科医学の分野は、日進月歩が著しくどんどん進化しております。当院のドクターは毎週のように、講習会、学会、講演会、勉強会等に出席あるいは発表しております。

常に勉強を怠らず、ドクター同志お互いに切磋琢磨して勉強しております。

4.自分や家族が受けたい治療をします

自分や家族が受けたい治療をします

私自身が受けたい治療です。

●ちゃんとすごく丁寧に説明してくれる
●優しく接してくれる
●治療は最先端のものを提供してくれる
●患者の気持ちを分かって共感してもらえる
●大切に扱って欲しい
●痛くないようしてくれる
●なるべく歯を抜かずにしてくれる
●自費治療の押し付けをして欲しくない
●長持ちする治療、健康に良い治療、銀歯以外の治療をして欲しい
●長い間、口を開けなくていい治療をして欲しい

こんな治療を目指しています!

5.インフォームドコンセント(説明と同意)を重要視している

インフォームドコンセント

患者様に十分な説明をし、同意を頂いてから治療にあたっております。患者様に本当に理解して頂き、必ず納得して頂いてから治療をしていきます。

このように当院では患者様とのコミュニケーションを非常に重要視しております。患者さんから安心と信頼を得られるように努力しております。

6.25年の実績

医療法人真摯会には開業25年の実績があります。たくさんの患者様を治療しており経験・技術を積み重ねてきました。

また、ドクターが4名在籍しているため、色んな歯科分野にも対応できます(分院も含めるとドクターは60名在籍しています)。

7.外来環」を取得している

「外来環」を取得

「歯科外来診療環境体制(外来環)」とは、治療の際の緊急時の対応と、感染症対策としての装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制のことです。

患者さんにとって安心・安全な医療環境づくりに努めております。

8.治療設備がたくさんある

最新設備がたくさんある

患者さんによりよい治療をご提供するため様々な設備を整えています。

@歯科用CTスキャン

CT

正確・安全にインプラントを行うため、あらゆる角度から撮影できるCTを導入しております。レントゲンでは見えなかった部分も確認することができます。

Aマイクロスコープ(歯を12倍に拡大して診療)

マイクロスコープ

カールツァイス製ピコモーラー/ マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を導入。

神経、歯髄の治療など、歯の内部の病気には、適切な根管治療がなされなければ、神経が入っている根の中に膿がたまってきたり、炎症が起こったりして、被せ物を外しての再治療が必要となる等様々なトラブルにあいます。根管治療がうまく行かなければ、抜歯というケースは普通にあります。

根管治療は歯の寿命と関係の深い治療です。

Bセレックシステム(CADCAMでコンピューターが歯を作る)

セレック

当院ではセレックを導入しております。3Dのコンピューターでセラミックのブロックを削ってクラウン(かぶせ物)を作るシステムです。

9.神戸マルイにある歯医者です

夜20時まで診療

各線三宮駅から徒歩すぐ。たいへん便利な立地です。

Call:078-335-6930
クリニック紹介

クローバー歯科クリニック
神戸マルイ院

神戸市中央区三宮町1-7-2 神戸マルイ5F

078-335-6930

診療時間

月〜土
11:00〜13:00/14:00〜20:00
休診日:日・祝

院長紹介
歯科医師

クローバー歯科クリニック神戸マルイ院 院長
今福 京 IMAFUKU TAKASHI

国立長崎大学歯学部卒業

ホスピタリティー、ユーモア、謙虚さといった土台の上に高い専門性を伴う歯科医療の実践を目指しています。患者様さんのお口に対する不安と、治療に対する不安を十分な分かりやすい説明で取り除き、100%の信頼を得てから治療に臨みたいと考えています。またその信頼を得る為の努力に努めます。
「ベストな治療法はなんですか?」と患者さんからよく聞かれます。
医学的にベストな治療法は自ずと決まることが多いですが、治療を受けられる方のニーズ、立場によってベストな治療法は変わると考えています。一人一人の患者さんにとってベストな治療プランをご提示したいと思っています。
趣味:ボクシング

経歴詳細

1978年 長崎市生まれ
長崎県立長崎西高校卒業
国立長崎大学歯学部卒業
2008年 医療法人真摯会 まつもと歯科 勤務
2016年 医療法人真摯会 まつもと歯科 副院長就任
2016年 三宮クローバー歯科クリニック 副院長就任
2018年 クローバー歯科クリニック神戸マルイ院 院長就任