歯周病が悪くなると…
歯周病について

歯周病は、健康な歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。30才代以上の80%以上の人が歯周病にかかっていると言われており、自覚なく静かに進行する恐い病気です。

歯周病は細菌が原因で引き起こされた炎症です。歯を支えている顎骨(:アゴ)を少しずつ失っていく怖い病気です。歯を建物に例えるならば、地盤(顎骨)が徐々に緩んで行くような感じ。病状が進行すれば、建物(歯)が倒壊してします。(歯が抜けてしまいます)

あなたはこの項目に該当していませんか?
  • 1.朝起きると、口の中がネバネバしている
  • 2.口臭が強い、または強くなった気がする
  • 3.歯茎が腫れている
  • 4.歯みがきをすると出血する
  • 5.最近、歯が伸びた気がする
  • 6.歯がぐらついている

チェックの回答

実は上の項目は、すべて歯周病による代表的な症状をあらわしています。歯周病の進行度合いに合わせた症状の順番に並んでおり、

1・2.は要注意の症状3・4は中程度の症状5・6までいくと重度の症状と言えます。

4の「歯みがきをすると出血する」については、歯みがきの強さによって出血することもあります。磨いていて痛い、と感じるときの出血は、磨きキズによるものですが、そうではない場合に出血したときが要注意です。


歯周病と全身疾患との因果関係

歯が抜けてしまうことだけでも十分怖い歯周病ですが、最近の研究では、もっと怖い研究結果が出ています。それは、歯周病菌による全身疾患です。

心臓病との因果関係の他、脳卒中、肺炎、糖尿病、早産などにも関与していることがわかってきました。歯周病の患者さんは、歯周病でない人に比べて心臓発作を起こす危険が2.8倍、早産の確率が7.5倍高いと報告されています。

そのためアメリカでは「 Floss or die!!( 歯磨きをしますか?それとも歯磨きをサボって病気になって死にますか?)」とまで言われています。このFloss(フロッシング)とは、通常の歯磨きに加えて、デンタルフロスという糸を使って歯と歯の間を清掃することです。

全身疾患

口の中は温かく、湿度があり、栄養源も豊富なため、細菌にとって繁殖しやすい環境にあります。細菌の塊であるプラーク(歯垢)の中には300〜400種もの菌があり、うち歯周病の病原性を持った菌は30〜40種。歯周病にかかると1,000倍にも増えます。

例えば、ジンジバリスという菌は、歯を支える骨を溶かす毒素であるだけでなく、歯肉の毛細血管に入り込み、冠動脈にとりつき少しずつ血管をせばめて動脈硬化をもたらし、心筋梗塞の一因となります。

また、歯周病が悪化すると、歯肉の血管が切れて出血しやすくなり、そこから歯周病菌が血管に入り込み、心臓に達した歯周病菌は、血管の内側を狭くしたり、つまらせ、狭心症や心筋梗塞などの心臓病を引き起こすことがあります。

歯の清掃を怠って歯周病を重症化させ、その期間も長引けば、これらの病気の危険性(リスク)は十分高まります。このサイトで、一人でも多くの方に歯周病治療の大切さを分かってほしいと思っています。

歯周病になりやすい人

歯周病になりやすい人


歯周病と関連のある全身疾患
敗血症、感染性心内膜炎などへの移行

口腔内が不潔になり歯の周囲のプラークが蓄積して歯肉に炎症が生じて腫れあがってきます。この状態で、咀嚼運動やブラッシングをすると一過性に口腔細菌が血管内に入り菌血症を生じます。全身状態が悪く抵抗力が低下している高齢者では、敗血症に移行することもあります。心不全をお持ちの方は、血管内に入った口腔細菌が心内膜に付着、繁殖し、感染性心内膜炎を発症します。

歯周病原菌が心臓病、脳卒中のリスクを高める

動脈硬化を悪化させると考えられており、重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞や狭心症などを引き起こすことがあります。また心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎になる場合もあります。

歯周病は糖尿病を悪化させる

歯肉の炎症自体が、糖尿病を悪化させる要因のひとつになっていると考えられています。歯肉の炎症反応によって生じたさまざまな物質や歯周菌が産生する毒素が毛細血管から血液中に入り込み、インスリンの機能障害を起こしていると考えられています。

歯周病にかかっている母親は低体重児出産や早産の可能性

歯周病原菌の病原因子刺激によって産生されたサイトカイン(インターロイキン、インターフェロンなど)の作用として、妊婦に対して低体重児出産(2500g以下)を促すことが報告されています。歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦に比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。

口腔細菌が誤嚥性肺炎の原因となる

要介護高齢者などでは嚥下反射(えんげ:飲み込み)に障害がある方が多く、口腔内に細菌が多いとそれが肺に入り肺炎の原因となります。

骨粗しょう症と歯周病の関係

骨粗しょう症とは、骨の形成と吸収のバランスが崩れることによって骨量が減少し、骨の微細構造が脆弱化する病気です。骨粗しょう症の約90%が女性で、女性ホルモンである「エストロゲン」が急激に減少する閉経期以降から患者数が増加します。このエストロゲンの分泌量が低下すると全身の骨密度に大きく影響し、同じように歯を支える歯槽骨にも危険因子となっていることが最近わかってきました。

またカルシウムの摂取不足が直接歯周病を引き起こすことはありませんが、歯周病を悪化させる因子であることは明らかになっています。

PMTCで歯周病予防!(PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯周病の本格的な予防に一番重要なのはプラークコントロール(プラークを徹底的に除去すること)です。歯科医院での年3〜4回の定期的な健診、歯石除去が効果的です。お口の徹底クリーニングが歯周病の進行を抑え、予防することができます。

Call:0788629077

受付時間:月〜土 9:00〜20:00

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします