治療の流れ
当院の一般的な歯周治療の流れ
1.歯周病の検査

歯周ポケットの深さを調べるプロービング検査や、レントゲン撮影などにより、歯周病の進行状況を診断します。

その後のデータは保存していきますので、検査数値を比較していくことが可能です。

2.検査結果の説明

歯周病治療には患者さんの自宅でのセルフケアが重要になります。

そのため、当院では患者さんご自身が自分の症状について、正しく理解して頂くことが大切であると考え、検査結果を詳しくご説明します 。

3.プラークコントロール ・歯石除去・徹底クリーニング

口の中のプラーク(細菌)を病気になりにくいレベルまで減少させることが必要です。

歯みがきではとれない歯石やバイオフィルムと呼ばれる細菌の棲み処を、歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる器具を使用して取り除き、洗浄といったプロが行う歯の徹底クリーニング「PMTC」をします。

4.再評価

治療3ヶ月後に定期検診に来て頂き、お口の中の検査をします。

歯周病が進んでいる場合は、歯肉の下の歯石まで細かく、取り除いて行きます。すべての歯石除去が終わったら、再度お口の中を検査します。

ここで症状の改善度を確認します。進行のある方は、外科処置、再歯石除去などを行います。

5.メンテナンス(3〜4ヶ月置き)

定期健診にて、歯みがきでは取れない汚れを歯科衛生士が徹底クリーニングしていきます。

Call:0788629077

受付時間:月〜土 9:00〜20:00

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします