よくいただくご質問
Q.歯ぐきが腫れていますが歯周病でしょうか?

歯ぐきが腫れている場合、歯ぐきに炎症があるか歯の内部に炎症があるかのどちらかと考えられます。

歯ぐきの炎症であれば歯周病、歯の炎症であれば根尖病巣(歯の内部が感染し歯の根っこが膿がたまっている状態)ということになります。

どちらにしても早めに歯科を受診し、検査を受けることをお勧めします。

Q.定期健診はどれくらいのペースで受けるのがいいですか?

3〜4ヶ月置きに健診を受けていただくのがよいでしょう。

歯の状態を経過観察して歯や歯茎をよい状態に保ちます。もし状態が悪くなっていても早めに処置することができます。

また、毎日歯みがきをしていても磨き残しがあったり、少しずつ歯石もたまってきますので、定期的にクリーニングを行います。

Q.歯周病がほかの病気に関係するって本当ですか?

口の中にいる細菌が体内に入り込むことによりさまざまな病気を引き起こすリスクが高まります。歯周病と関連が指摘されている全身疾患として、敗血症・心臓病・糖尿病・早産・骨粗しょう症などがあります。

Q.歯槽膿漏と歯周病の違いは?

ほぼ同じ意味と考えていただいて結構です。

歯周病は歯肉に炎症が起こっている「歯肉炎」とそこから症状が進行した「歯周炎」に分けられますが、歯周炎の症状を以前は歯槽膿漏と言っていました。

現在は歯周病のほうが一般的になっています。

Q.歯周ポケットって何ですか?

歯と歯肉の間にある溝があり健康な歯肉では溝は1〜2mm程度ですが、歯周病になると溝が深くなります。この溝を歯周ポケットといいます。歯周病が進むにつれて歯周ポケットが深くなります。

「プローブ」というものさしのような目盛りのついた細い器具で歯周ポケットの深さを測定し、歯肉の炎症の進行状態をを確認します。

Q.誰でも歯周病にかかりますか?

歯周病になる可能性は誰にでもあり、30歳以上の成人の80%は歯周病にかかっているもしくは予備軍といわれています。

炎症を引き起こす口の中の細菌のすみかとなるプラークや歯石を歯みがきや歯科医院での健診で定期的に除去して予防することが大切です。

Call:0788629077

受付時間:月〜土 9:00〜20:00

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします