関連記事


歯のトラブルが起こる前に、毎日きちんとプラークコントロールをしましょう。

食事をするたびに、歯の表面や歯と歯の間には歯垢(プラーク)がつきます。

それを歯磨きできれいに洗い落とすことが、プラークコントロールの第一歩です。

歯垢の中には虫歯や歯周病を引き起こす細菌が住んでおり、 それらの細菌はバイオフィルムという膜を形成して、その中で繁殖していきます。

それなら歯磨きでバイオフィルムを取り除けば良いと思われるでしょうが、 歯磨きでバイオフィルムを取り除くのは難しく、洗口剤でも死滅させることが難しいのです。

このように、口の中から細菌をなくすことは難しいのですが、毎日の歯磨きで なるべく歯垢をきれいに落とすようにしましょう。

これをプラークコントロールといいます。 毎日自分で出来るプラークコントロールは、丁寧に歯磨きをすること、 洗口剤で口の中の汚れをきれいに洗うことですが、 それに加えて、定期的に歯科医院でのクリーニングを受けることをおすすめします。

それは、歯周ポケットの中は通常の歯磨き掃除することができないからです。

普段からプラークコントロールを習慣として、 一生自分の歯でしっかりと噛めるようにケアしましょう。