2013年05月一覧

自分の歯を一生大切にしたい

近年、人の寿命は延びてきています。
生き物は、周囲の環境に従って進化していくのがふつうですから、
人の寿命が延びると同時に、歯も長持ちするようになっているはずですね。

ところが、食生活の変化によって、近年、歯にとって良くない条件がいくつも
揃うようになってしまいました。

柔らかい食べ物ばかり食べる。噛む回数が減った。しょっちゅう物を食べている。

・・いろいろ心当たりがありますね。

逆に、歯の健康を気にしていても、歯のみがきすぎによって歯を痛めてしまう場合もあります。

そこで、今日は歯を長く持たせるコツについて書いてみたいと思います。

長生きしておられる方で、歯の丈夫な方を調べると、概ね次の3つの条件をクリアしておられます。

一つ目は、バランスの良い食生活であること。

多すぎず少なすぎず、栄養価の高い旬の食べ物を食べましょう。

二つ目は、ストレスのない穏やかな心であること。

現代人は常にストレスにさらされていますので、なかなか難しいと思いますが、
音楽や映画、趣味の習い物など、お好きなものに浸る時間を作るように工夫してみてくださいね。

三つ目は、歯みがきを正しく行うことです。

磨き残しのプラークが、虫歯や歯周病の原因になりますので、丁寧に時間をかけて磨きましょう。
磨きすぎはエナメル質をすり減らし、逆に歯を痛めてしまいますので、歯科医院で
定期検診を受け、ついでに歯みがき指導もお受けくださいね。

定期検診や歯みがき指導については、大抵の歯医者さんで行っていますので、
かかりつけの歯医者さんにおたずね下さい。