2012年09月一覧

歯周病の予防法

歯周病の原因

放っておくと歯が抜け落ちてしまう、怖い歯周病ですが、毎日の予防で、悪化させることなく健康な歯を保つことが出来ます。

歯周病の原因は、歯垢の中に住みついた細菌です。細菌を取り除くためには、毎日のケアで歯垢(プラーク)を確実にきれいに取り去らなければなりません。

さて、毎日食後に歯のブラッシングをしていても、歯周病を防ぐことが出来ないのはなぜでしょうか?

それは、きちんと磨いているつもりでも、磨き残している部分があるせいです。歯の表側は鏡で確認できますが、歯の裏側や歯と歯のすき間は、気を付けて磨いていても、完全に汚れを落とすには至っていないのです。

歯ブラシで磨けない場所は歯間ブラシ、デンタルフロス等を併用してケアしましょう。使い方がよくわからない場合は、歯科衛生士におたずねください。歯科衛生士はお口の中のクリーニングをすることの他に、患者さんの歯みがき指導を行うことが重要な仕事なので、何でもおききくださいね。

歯周病を予防するには、毎日の生活習慣の改善も大切です。歯周病に負けないよう、身体の抵抗力をつけましょう。


一般歯科について

一般歯科という呼び方は、一般の方にはあまり聞き覚えのない呼び方かもしれません。

一般歯科とは、虫歯や歯周病の治療と、歯の欠損した部分を補う治療、そして歯みがきの指導等を主にする歯科診療のことをいいます。

小児歯科、矯正歯科、口腔外科等、専門性のあるものと区別するために一般歯科という呼び方が使われています。

皆さんがよく行かれる普通の歯医者さんという意味だと思ってください。

健康保険を適用して治療費が安くなります。

どこの歯科医院に行けばよいのかわからないときは、まず一般歯科で相談してください。

一般歯科では対応できない場合には、他の診察科目のある歯科を紹介してもらえば良いと思います。

また、一般歯科と専門的な診療科目の両方が出来る歯医者もありますので、一度お問合わせしてくださいね。

 


保険治療と保険外(自費)治療

歯の治療には、健康保険の適用を受けられる保険治療と、保険の適用を受けられない保険外(自費)治療があります。

前歯を白いセラミックの差し歯にしたり、インプラントをしたり、歯並びを良くするために矯正をしたり、というのは保険外治療にあたります。
(一部の歯列矯正は保険治療の適用になります)

では保険治療はどういう内容のものをいうのでしょうか。

保険治療は「通常必要な歯科治療で、生活していくうえで最低限保証されている治療」で、自費治療に比べると比較的安い値段で治療が受けられます。

しかし、治療法や使用する材料などに制限があり、セラミックやインプラント、歯の矯正は含まれないのです。

保険治療は2~3割負担なので安価なのですが、保険外治療は全額が自己負担になります。

それなら保険治療で十分だと思われるかもしれませんが、前述したように保険が適用される治療は必要最低限のものに限られており、更にQOL(生活の質)を向上させ快適な毎日を送るためには、物足りない内容ということになります。

セラミックやインプラントはぜいたくなものでしょうか?

必ずしもそうではないと思います。

前歯が虫歯になって欠けてしまい、差し歯にしなければならないときに、金属の差し歯ではなく白い自然な感じの差し歯にしたいと思われる方は多いです。

更に、歯を抜かなければならなくなったときに、ブリッジや入れ歯ではなくインプラントにしたい方も多くおられます。

保険制度は、皆が平等に治療を受けられる素晴らしい制度ではありますが、場合によってはそれに満足できない方も多くおられるのです。

出来るだけ質の良い治療を受けたいというのは、皆の願いだと思います。

欲を言えばきりがないので、何が何でも質の良い治療を受けたいとまでは思われないでしょうが、治療しなければならない場所やシチュエーションによって、保険外治療も選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

 


セカンドオピニオンって何でしょう?

セカンドオピニオンは、第二の意見という意味です。

ある病気に対して、主治医だけでなく他の専門医の意見も聞き、患者さんご自身が今後の治療について最良の判断をすることを目的に行われています。

病気の有無の発見や、治療法の選択について、違った医師の意見を聞くことによって選択の幅が広がるのです。

最近では医療だけでなく、様々な分野でセカンドオピニオンを求める方が増えてきているそうです。

セカンドオピニオンを求める際に「他の医師の意見を求めることで、主治医との関係が悪くなるのではないか」ということを気にされる患者さんが稀におられますが、全く心配は要りません。

主治医との関係は現在のままで大丈夫です。

セカンドオピニオンは患者さんがより良い治療を受けることを目的としていますので、主治医を交代することを前提に行われるものではありません。

「他に主治医がいること」、「セカンドオピニオンであること」をはっきりおっしゃっていただければ、セカンドオピニオンを担当する医師も、転院しての治療をすすめたりはいたしませんので、ご予約の際にセカンドオピニオンであることをおっしゃってくださいね。

当センターでは電話やメールでのご相談にも対応しており、セカンドオピニオンの患者さんも多くおられますので、ご心配なさらず、お気軽にご相談ください。

 


ミント神戸は10月4日で開業6周年です

ミント神戸(神戸新聞会館ビル)は、10月4日で開業6周年になります。

6周年記念に合わせて、10月4日にはミント神戸はリニューアルオープンし、服飾、飲食店が新たに19店開店します。

全国初出店のお店が4店も含まれていて、目玉は衣料品専門店「ジョンブルプライベートラボクラス・ユナイト」です。

ミント神戸は20~30代の女性のお客さんが多いのですが、今回のリニューアルでは、カップルでお買い物ができるようにと、男女それぞれの商品を充実させるそうです。

リニューアル第1弾として、9月21日に9店舗が開店しますので、お見逃しなく。

また、9月13日から10月3日まで、「秋のグルメウィーク」開催中です。

ランチ&ディナースタンプラリーも開催中ですので、Webサイトでチェックしてみてくださいね。

ミント神戸オフィシャルサイト
http://www.mint-kobe.jp/