2013年03月一覧

誤嚥性肺炎を防ぎましょう

日本人の三大死因が、がん、心臓疾患、脳血管疾患であることは、
有名な話ですね。

そして第4位は肺炎です。
そういえば、新聞記事で有名人が亡くなったという記事を時々見かけますが、肺炎のため、と書かれているものも多いです。

肺炎で亡くなる方の殆どは高齢者の方です。しかも、誤嚥性肺炎が多いそうです。

誤嚥性肺炎は、食べ物が誤って気管から肺に入るために起こります。
若い方は咳き込むことで吐き出すことが可能ですが、高齢の方は吐き出す機能が衰えているために、危険な状態になる場合があります。

更に、歯周病菌などの細菌が食べ物と共に肺に入ることで、肺炎を起こしやすくなるといわれていますので、高齢の方の口腔ケアはとても大切です。

毎日の歯みがき、うがい等のケアで口の中や義歯を常に清潔にすることや、虫歯や歯周病の予防や治療のために、定期的に歯科医院に通うことをおすすめします。

介護が必要な方等で通院できない場合は、訪問診療を行っている歯科医院もありますので、ホームページを調べる等して、ご利用ください。
(申し訳ございませんが、当院では訪問診療は行っておりません)

 


ノロウィルスと虫歯のお話

ノロウィルスが流行っていますね。

ノロウィルスが歯と詰め物の中に入ってひどい炎症を起こしたという話を聞きましたので、
ご紹介します。
その方は、一家全員が次々にノロウィルスにやられ、下痢や嘔吐の症状が出たそうです。

それだけでも辛いのに、同時に歯が痛みだしたというのです。

お腹の痛みよりも歯の痛みの方が辛かったとおっしゃっている位です。
どれほどの痛みか、正直想像できません。

そんなわけで、ノロウィルスの症状が少しましになると、すぐに歯医者に行かれました。
銀の詰め物を外してみると、そこはかなり炎症を起こしていました。

その症状から、歯科医師はノロウィルスが歯に入って炎症を起こしていると
診断しました。

とにかく炎症を抑えなければならないので、薬を詰めて仮の詰め物をしましたが、
歯の内側から膨張するような感じが続いたそうです。

お腹の方が良くなるにつれて身体の抵抗力も戻ってきて、やがて歯の炎症も治ったそうですが、
まさかノロウィルスの苦しみに加えて、歯痛にまで耐えなければならないとは、
思ってもみませんでした。

ノロウィルスの特効薬はないと聞いていますが、身体の抵抗力が弱まらないように、
うがい手洗いを忘れずに、身体を暖かくして、栄養のあるものを食べ、ぐっすり眠ってくださいね。


入れ歯をきれいに洗う

義歯をお使いの方の中には、入れ歯洗浄剤をお使いの方が
多くおられると思いますが、きちんとつけているのに、
汚れが残っているようで、舌で触るとザラザラするということはないでしょうか?

CMを見ていると、入れ歯洗浄剤の中に義歯をつけておくだけで
汚れがきれいに落ちるような感じを受けますが、
時々こすり洗いをしないと、完全に汚れが落ちない場合もあります。

お茶碗やお皿だって、つけておくだけでは完全にきれいにはなりませんよね。
こするか、または食洗機の強い水流で洗う必要があります。
それと同じで、入れ歯洗浄剤につけているから汚れが完全にとれるとは
言いきれないのです。

毎日きちんとこすり洗いをしていただくと、入れ歯洗浄剤の使用は
週に一度くらいで大丈夫です。

そして、こすり洗いはできるだけ義歯専用のブラシをご使用ください。
使い古しの歯ブラシでは、義歯を洗うには少しやわらかいのです。
歯磨き粉は入れ歯に傷がつきますので、使用しないでくださいね。


大人が子供用の歯磨き粉を使っても大丈夫?

大人用の歯磨き粉には、大抵ミントが入っていますね。

ミントが辛くてスースーし過ぎて、口の中が冷たく痛くなるので、
歯磨き粉が苦手な方もおられます。

そんな方は、ミントの入っていない例えば「オレンジ味」のようなものを
探すか、または子供用の歯磨き粉を使っておられます。

市販の子供用の歯みがき粉を使っていたら、薬効成分が少なくて
大人は虫歯になりやすいのでしょうか?

いいえ、大丈夫です。
成分には大きな違いはありません。
違いと言えば、子供用の歯磨き粉にはイチゴやぶどうの甘い香りと味がついていることと、
大人の歯磨き粉には研磨剤が多く含まれているということくらいでしょうか。

歯磨き粉の成分よりは、みがき方の方が重要です。
歯磨き粉など必要ないとおっしゃる先生もおられます。

市販の子供用の歯磨き粉よりは、歯科医院で販売しているものの方が、
フッ素が含まれている量が多いです。
お値段も市販の子供用歯みがきに比べると、少しお高いのですが、
フッ素の量が少ないことが気になる方は、歯科医院の受付でお求めください。


虫歯や歯周病を防ぎたい

歯医者さんが嫌い、または苦手とおっしゃる方は、
虫歯治療の際に痛い思いをしたことのある方だと思います。

虫歯は痛くなるし、歯に穴があいてしまったら自然には治らないし、
いいイメージは皆無です。

虫歯や歯周病になりにくくする方法があったら知りたいけれど、
「それは毎日歯みがきをしっかりすることです」と言われたら、
一気にテンションがさがりますよね。

毎日の歯みがきが大切なのはもちろんですが、そんなに毎回気を付けて
しっかり磨くわけにもいかないと思います。

そこで、歯科医院の出番です。

数か月に一度、PMTCという、歯科衛生士によるケアをお受けください。

プロの手によるケアですので、専用の器具を使い、
歯ブラシでは汚れが取れない歯周ポケットの中のクリーニングと、
歯石の除去が受けられます。

その時に、歯科衛生士は患者さんの歯に歯垢が残っているかどうかも
チェックしますので、磨き残しが起こりやすい場所もわかります。

自分一人で完璧なケアをするのは、なかなか大変ですが、
こうして数か月に一度、プロによるケアを受けることで、
虫歯や歯周病になりにくくなります。

一生自分の歯で食事が出来ることを目指して、
歯科医院では患者さんの歯の健康のため、一生懸命ケアします。

ご予約の際は、「PMTC希望」とおっしゃって下さい。
お気軽にお申込みくださいね。