三宮クローバー歯科クリニック(ミント神戸)
クローバー歯科クリニック神戸マルイ院
痛みに配慮した治療について
  • TOP
  • 痛みに配慮した治療について

クローバー歯科クリニックでは、まず患者さんの痛みを軽減させることと、
出来る限り痛みに配慮した治療を行っております。

治療に来られる方の大半は歯が痛い方です。
痛みの生じている原因を知るための検査や治療ももちろん大切ですが、クローバー歯科クリニックでは、痛みに対する配慮をまず第一に考えます。

一般歯科では麻酔注射の方法を工夫して痛みを緩和し、インプラント手術のような治療では点滴による静脈鎮静で痛みをコントロールしています。


痛みに配慮した治療とは

痛みの少ない治療について

クローバー歯科では出来る限り痛みに配慮した治療に力を入れています。

痛みに配慮した治療とは、わかりやすく言えば、3つあります。

1.痛みが予想される治療は必ず麻酔をする

2.痛みを感じないように麻酔注射をする

3.痛みに配慮した治療をする

1.痛みが予想される治療は必ず麻酔をする

→神経に近い部分を削るような治療をする場合は必ず麻酔をします。神経の痛みは本当に耐えがたいもので、それがきっかけで歯医者恐怖症になってしまう方もおられます。患者さんが痛みを感じにくいように、クローバー歯科では痛みが予想される治療の場合は、原則麻酔をします。

2.痛みに配慮した方法で麻酔をする

→麻酔注射の痛みが軽減する方法で行います。

出来るだけ痛みに配慮して麻酔の注射をする方法があります。

1.事前準備
@表面麻酔(塗り薬)をする・・・歯ぐきを麻痺させると注射の痛みを感じにくい
A超極細の注射針で麻酔注射をする・・・太い針よりも細い針の方が痛みを感じにくい
B麻酔薬の温度を36℃にする・・・温度差を痛く感じることがあるので麻酔薬は体温に近い温度に温めておく
→
2.針の刺入
(針を刺す)
C痛点の多い場所をよけて針を刺す
→
3.麻酔薬の注入
D麻酔薬をゆっくりとした速度で注入すると痛みを感じにくい
→
4.針を進める
E麻酔が効いてきてから、針を進めていく
F時間を十分おくと麻酔が完全に効いてくる

3.痛みに配慮した治療をする。

→既に神経のない歯を削る時は痛みは出ませんが、削る時に振動を感じて別の部分に痛みを感じることがあります。
当院の歯科医師は、患者さんに痛みを感じさせないように常に配慮して治療を行っています。

笑気麻酔・静脈内鎮静について
笑気麻酔

鼻から笑気という麻酔ガスを酸素と混ぜて吸っていただきます。リラックスすると共に痛みを感じにくくなり、緊張の強い方やお子さんにもおすすめの方法です。笑気麻酔は保険診療で行うことが出来ます。

※笑気麻酔はミント神戸院では対応しておりません。

静脈内鎮静

静脈内鎮静は点滴による麻酔で、主にインプラントの手術で埋入本数が多い場合に使います。身体が温かくなってきて快適なベッドの中でまどろんでいるような感じになり、いつの間にか手術が終わっていたという感じになります。

静脈内鎮静は予約制です。(¥70,000+消費税(保険適用外))

極度の怖がりの方は事前にお問い合わせください。

お気軽にご相談ください
Call:0788629077

受付時間:月〜土 9:00〜20:00(日・祝休診)

Call:0783356930

受付時間:月〜土 11:00〜20:00(日・祝休診)

初診予約・初診カウンセリングはこちら

初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEでご相談

LINEで簡単にご相談ができます!

Web診断・メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします