歯周病でお悩みの方へ
患者さんと二人三脚の治療

歯周病の改善するには「医院での治療やメンテナンス」だけでなく「患者さんのセルフケア」もとても大事です。

患者さんに現在の自分の状況を知っていただき、自宅でのケアに取り組んでいただけるよう治療前の説明と治療計画に対して同意していただくインフォームドコンセントを重要視しています。

「自分でうまくケアできるかな?」と心配な方もいらっしゃると思います。当院では歯みがき指導などをさせていただき、ご自宅でのセルフケアを正しく行えるようにサポートしていきます。

当院の歯周病治療

初期の歯周病はほとんど自覚症状がありません

歯周病は生活習慣病であり、ある程度進行しないと強い自覚症状がありません。そのため、歯周病の進行に気付いていない人が案外多く、注意が必要です。

初期の歯周病は、歯肉が少し腫れて出血しやすくなる程度ですが、中等度以上になると歯肉が膿をもって腫れたり、退縮したり、歯が動きだしたりと痛みを伴う症状があらわれてきます。重度になると歯はグラグラになり食物を噛もうにも痛くて噛めなくなってしまい、最後には抜けてしまいます。

歯石を徹底的に除去します

当院では、先ず歯磨きでは除去できない歯石を徹底的に除去します。必要な噛み合わせの調整もします。歯がグラグラしている時はしっかりした歯と接着し固定します。放っておくと周囲の歯に悪影響を及ぼす症状のときもあり、その場合は人工の歯を入れる補綴という処置をします。

歯並びが悪く、歯周病の改善が見込めないような場合や、歯周病によって歯が移動したような場合には矯正治療も必要になることもあります。

さらに当院では、徹底的に歯石を除去するために、歯を支えている骨周辺の歯石や感染組織を徹底的に除去する歯周外科治療も行っています。

歯周病の進行

「歯周病」は歯ぐきや骨など歯を支える組織に炎症が起こる病気で、「歯肉炎」と「歯周炎」よりなる炎症性疾患です。

歯肉の炎症(歯肉炎)が進行すると、歯の周りにも炎症が広がっていきます(歯周炎)。清掃がうまくいかないと歯と歯肉の隙間に歯垢がたまります。その中の細菌が炎症をおこし、歯肉が赤くなったり、腫れたりします。少しずつ歯の周りの組織を破壊し、やがて歯を支えている骨も溶かしてしまい、歯が抜けてしまいます。

症状が進行すると歯周ポケットという歯と歯肉の間の隙間が深くなっていきます。歯周ポケットが3mm以下なら「歯肉炎」、4mm〜6mmになると「歯周炎」です。

軽度であれば適切な歯みがきやクリーニングによって改善します。中等度であれば歯周ポケット内の歯石を除去していきます。定期的に歯石を取ってプラークが付きにくい状態にし、症状を改善します。

歯周ポケットのお手入れをすると炎症が治まり歯肉も引き締まってきます。歯肉が引き締まると歯周ポケットも浅くなりプラークの除去もしやすくなります。

歯周ポケットが深くなるとそこへ付着したプラークや歯石を除去するのが難しくなり、さらに症状を悪化させてしまいます。早い段階から処置を行えば悪化を防ぐことができます。日ごろのセルフケアとご自分ではできない専門家によるケアで早期発見・早期治療をしていきましょう。

Call:0788629077

受付時間:月〜土 9:00〜20:00

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします